グローバルな金融経済の動向を、ユニークな視点を交えてお伝えいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデンの婦女暴行罪

英国の警察はとうとう、ジュリアン・アサンジ氏の身柄を拘束しました。

スウェーデンからのレイプ容疑ですが、このスウェーデンのレイプに関する定義は、日本や英国と著しく違うようです。コンセンサスを得たSEXでも、何らかの品位が欠ける場合は法律に違反する可能性があるそうです。たとえばコンドームをしないでSEXをするといったことで罪を問われる場合もあるようで、その結果スウェーデンにおける婦女暴行事件の発生率は他の欧州主要国の20倍以上もあるそうです。

そういった意味で、スウェーデンでSEXをした人物を国際手配させることは容易なのですね。
「情報」に通じているはずのアサンジ氏にしては不覚だったのかも知れません。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。