グローバルな金融経済の動向を、ユニークな視点を交えてお伝えいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャ国債も利回り低下、欧州の信用不安は一旦後退したが・・・

昨日のポルトガル国債の入札結果が、事前の予想より大幅に良い(利回りが低い)結果になったため、欧州の他の財政問題懸念国の国債利回りも、一旦急低下しました。つい一週間ほど前には、民間金融機関とリスケジュール(債務返済期限延期)の交渉が始まったと噂されたギリシャ国債の利回りも例外ではありません。

ただし、ギリシャが債務返済期限延長を求めるのは、何年先のことかは分かりませんが時間の問題であることは変わりないように思われます。

ギリシャ利回り
10年物ギリシャ国債の利回り推移(過去一年)出所:ブルームバーグ

グラフの昨年5月前後の利回り急上昇が、ギリシャ危機発生の時のパニック的な動きです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。