グローバルな金融経済の動向を、ユニークな視点を交えてお伝えいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2万年前の人類は今より脳の容量が大きかった?

 英国のデイリー・メール紙に、2万年前の人類の脳の容量は、今よりずっと大きかったという記事がありました。

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1343093/Human-brain-shrinking-20-000-years.html#ixzz19kdEyvLY

 Discover Magazineという科学誌で先月掲載されたある論文では、2万年前の人類の脳は、今の1350ccより大きい1500ccだったとしているそうです。

 脳の容量が小さくなった理由としては①(当時の人類が住んでした)寒い地域では寒さから守るために大きな頭が必要だった。②ウサギやトナカイやキツネなど、噛むのが大変なものを食べていた。などという理由が考えられるそうです。
(今日から、食べ物はじっくり噛んで食べよう!)

人類の脳
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。