グローバルな金融経済の動向を、ユニークな視点を交えてお伝えいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の外貨準備に占めるドルの比率は若干低下し61.3%

 昨日IMFが発表した9月末時点での世界各国の政府が保有する外貨準備の統計で、ドルの比率は61.3%(6月末は62.1%)であることが判明しました。ユーロは、一部の国の混乱が続いているにもかかわらず若干増加して26.9%、円も3.6%(6月末は3.3%)に増加しました。
ちなみに、世界の外貨準備全体は6月末の8.42兆ドルから大幅に増加して、8.98兆ドルとなりました。そのうちの1/4は中国が保有しています。

IMFのPDFファイル

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。